西回り

恍惚の瀬戸を巡り、古を慈しむ3日間

尾道を起点とし、西のせとうちを満喫するもう一つの船旅は、「瀬戸内海」の由来と言われる本州と四国の陸が接近した「狭門」(瀬戸)」をいくつも通り抜けます。島の信仰や歴史に触れながら、神に斎く(いつく)島と人々の暮らしや、瀬戸を実感できる多島美をご覧ください。
恍惚の瀬戸を巡り、古を慈しむ 3日間
1日目
ベラビスタマリーナ出港 午後4時30分頃
尾道水道
三原瀬戸
契島
安芸灘大橋
音戸の瀬戸
広島・宮島沖 錨泊
2日目
宮島沖出航
大黒神島
柱島水道
津和地瀬戸
二神島
釣島水道
斎灘
愛媛・大三島沖 錨泊
恍惚の瀬戸を巡り、古を慈しむ
7つの島々から成る忽那諸島の風景
3日目
大三島沖出航
鼻栗瀬戸
弓削瀬戸
百島
ベラビスタマリーナ帰港 午前11時頃
恍惚の瀬戸を巡り、古を慈しむ
鼻栗瀬戸に架かるアーチ型の大三島橋
天候、海象、入港時間、港湾管理などの諸事情により、航路や船外体験が変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
※2日目の船外体験はいずれも午前もしくは午後の1回を予定しています。

本航路のご予約